『広島東洋カープを密かに応援する会』は密かに広島東洋カープを応援しています。
Googleサイト内検索
それはそれは2006年シーズンの頑張りで期待したのですが、結果は怪我をしてシーズン半分を棒にふってしまった。それでも帰ってきてからは特に代打で存在感を見せ、2008年シーズンこそ期待しても良いですか?。どこでも守れる反面、守備については特に優れる訳では無いので、バッティングのいやらしさはあるが、一発の怖さの無さも手伝って、レギュラー争いでは今一歩足りない。ただ進塁打のうまさ、バッティングの粘っこさなど、他の選手に無い売りを持っている上に、どこでも守れる器用さも手伝って、チームにとってなくてはならない存在になっている。|広島東洋カープを密かに応援する会

0 井生 崇光

いおう たかみつ   Takamitsu Ioh

0 井生崇光|広島東洋カープを密かに応援する会
身長・体重 179cm・80kg
血液型 A型
投打 右投右打
球暦 東筑高校-広島(1999〜)
ドラフト 1998年 2位
ポジション 外野手・内野手(一塁手・二塁手・遊撃手)・捕手
生年月日 1981/3/12
出身地 福岡県

一軍成績

チーム 試合 打数 安打 HR 打点 盗塁 打率 タイトル
2005 広島 4 3 1 0 0 1 333
2006 広島 74 138 37 0 8 1 268
2007 広島 36 53 15 0 4 0 283
通算   114 194 53 0 12 2 273

2006年シーズンの感想・2007年シーズンの展望

スローイング|0 井生崇光|広島東洋カープを密かに応援する会
プロ入り8年目の2006年シーズンにブラウン監督の若手起用の方針とマッチして、ようやく1軍に昇進。ほぼ半数の74試合に出場した。
打率は268と平凡だが、カープのほとんどの打者が追い込まれたら終わりの中で、阪神のバッターのように、追い込まれてもファールで粘り、最終的にライト前ヒット・・・なんてのも少なくなく、ブラウン監督の推し進めるケースバッティングが最も出来ている。
守っては、内外野、捕手とピッチャー以外ならなんでも来い、ユーティリティプレイヤーとして、トレードで移籍した木村拓哉の背番号0を2007年シーズンからつけることになった。
ここ2年間の1軍の成績を見てみると、本塁打数が0と粘り強いが一発のコワさがないところが、相手チームから見てもう一歩いやらしさが足りない所なので、2007年シーズンはパワーもあるぞっ!というところを見せてもらいたいと思っています。
個人的には6〜7番に据えると、いやらしく粘り強いバッティングで、相手チームから嫌がられる存在になれそうな、そんな気がしているのです。

2007年シーズンの感想・2008年シーズンの展望

打つところ|0 井生崇光|広島東洋カープを密かに応援する会
それはそれは2006年シーズンの頑張りで期待したのですが、結果は怪我をしてシーズン半分を棒にふってしまった。
それでも帰ってきてからは特に代打で存在感を見せ、2008年シーズンこそ期待しても良いですか?。
どこでも守れる反面、守備については特に優れる訳では無いので、バッティングのいやらしさはあるが、一発の怖さの無さも手伝って、レギュラー争いでは今一歩足りない。
ただ進塁打のうまさ、バッティングの粘っこさなど、他の選手に無い売りを持っている上に、どこでも守れる器用さも手伝って、チームにとってなくてはならない存在になっている。

当サイトの一部画像はコイバットが撮影した画像を利用しています。


広島東洋カープを密かに応援する会